ご挨拶

卓球愛好家の皆様
富山県卓球協会会長 澤田秀夫

【大会を終えて】
 皆様のご協力とご助言によりまして、無事に大会を終了することができました。遠方より多くの方々のご参加をいただきありがとうございました。富山では、はじめての大会であり、当日大雪に見舞われるなどで進行にご不満もあったことと思います。まだいくつかの仕事が残っていますが、反省点を来年度の大会運営に反映したいと思っております。来年の再会をお願いし、皆様へのお礼を申し上げます。

【開催にあたって】
 皆様には日ごろより卓球を楽しまれていることと存じます。
 さて、全国シニアオープン卓球大会を富山県で開催することとなりました。この大会は、第11回大会まで沖縄県那覇市で「サントピア沖縄ふれあいフェスタ」として開催されていたものですが、本年度より富山県卓球協会が引き継いだものです。2年間の空白がありますが、全国の卓球愛好者が望んでいる試合方法を検討の上、シニア層の最高の技術の発揮の場として、又楽しい交流の場として再び実施する運びとなりました。
 硬式の部につきましては、新設の団体戦は最少2名でエントリーできるようにし、シングルスは50才以上を5才毎に区分しました。又、ラージボールの部につきましては、メインの競技として男子2名女子2名による混合団体を新設しました。ご友人お誘い合わせの上、奮ってご参加下さいますようご案内させて頂きます。今後も内容を充実させながらこの大会を継続させていきたいと考えており、卓球愛好者の皆様のご支援とご協力をお願い致します。
 尚、12月は富山県の魚が最もおいしいといわれる時期であり、試合後の宴を存分にご堪能いただきたいと願う次第です。