シュラガー選手富山講習会

バタフライ・グローバル・スポンサーリング講習会


開催日時 平成16年9月27日(月)午後6時〜午後8時30分
場  所 富山工業高校体育館
主催:富山県卓球協会
後援:株式会社タマス


 午後6時より開催、シュラガー選手、大森隆弘選手がサインボールを投げながら入場、その後、澤田秀夫会長より挨拶を行った。
 株式会社タマス、桜井茂雄氏より挨拶及び講師紹介があり講習会がスタートした。まず初めの技術紹介ではフォアハンドでの中陣からのドライブと前陣のドライブ、次にバックでも同じように中陣、前陣でのドライブを披露した。シュラガー選手から、『ボールに力の乗せ方を覚える。』『相手のボールの質を見極めてタイミングを合わせる。』とアドバイスを頂いた。サービスではシュラガー選手の得意のYGサービスなどを披露した。練習紹介では切り替えしの練習やストップの攻撃練習を行った。
 その後、チャレンジマッチを行いシュラガー選手の1ゲーム目、富山工業高校の野口圭祐選手が挑戦した。惜しい試合に、歓声が上がった。
 シュラガー選手、大森隆弘選手の模範試合では、受講者はシュラガー選手の速い動き、すばらしい技術にため息が漏れていた。終了後、抽選会が行われ当選者はシュラガー選手と握手を行った。吉川和男副会長の挨拶の後、9月28日誕生日のシュラガー選手にプレゼントが渡され講習会が終了した。(報告:村田朋一)


チャレンジマッチ結果
シュラガー 12−10 野口圭祐(富山工業高校) 
シュラガー 11− 7 廣田めぐみ(富山商業高校)
シュラガー 11− 3 石井 匠(呉羽中学校)
シュラガー 11− 3 山本直哉(富山キングコング)
シュラガー 11− 6 吉田文武(福光卓友会)
シュラガー 11− 3 安田信之(高岡龍谷高校)
シュラガー 11− 6 荒木竜志(高岡龍谷高校)
大森隆弘  11− 3 吉田文武(福光卓友会)
大森隆弘  11− 7 安田信之(高岡龍谷高校)
大森隆弘  11− 7 荒木竜志(高岡龍谷高校)
大森隆弘  11− 5 宇於崎友貴(高岡西高校)
大森隆弘  11− 7 谷越麻美(魚津東部中学校)
大森隆弘  11− 5 平野容子(射水ジュニア)
大森隆弘  11− 7 野口圭祐(富山工業高校)
模範試合
 シュラガー 11−7 大森隆弘(東京アート)(2003年度全日本総合ランキング3位)
        11−9 

講師プロフィール
ウエルナー・シュラガー Werner Schlager
 生年月日 1972年9月28日
 出身   オーストリア
 戦型   右シェーク攻撃型
 使用ラケット シュラガーFL
 使用ラバー 両面プライス

2003年 世界選手権大会 男子シングルス  優勝
    ヨーロッパ選手権 混合ダブルス  優勝
2002年 ヨーロッパ選手権 男子シングルス 3位
    ブラジルオープン 男子単・複   優勝
    韓国オープン 男子シングルス   優勝
2001年 ブラジルオープン 男子ダブルス  優勝
2000年 ヨーロッパトップ12       優勝

写真提供:タマス刊 卓球レポート


「卓球レポート2003年7月号より」
 男子シングルスで世界チャンピオンに輝いたシュラガーは、前回大会優勝の王励勁(中国)戦で神がかり的なプレーを見せて大逆転勝ち。続く準決勝の孔令輝(中国)戦では1点を争う緊迫した状況で強気に徹し、今大会屈指の好試合を制して決勝に勝ち上がった。
 モーションを工夫したバリエーションある変化サービスと両ハンドの前陣カウンター強打、そしてプレー領域の広い多彩なテクニック・・・。
 戦術的に長けた頭脳的な試合運びが目に留まる。世界一速いボールを打てる用具とそれを駆使した技術力、そしてその技術を引き出す戦術力が1つになって強い輝きを放った大会だった。
 男子シングルス決勝の相手は、バック面ツブ高のブツ切りカットと攻撃力のあるフォアドライブを打つ攻守兼備の主世赫(韓国)。この試合でも、シュラガーはがまん強く頭脳的な展開を見せた。
 回転をかけたループドライブ、1発の威力ある強ドライブ、そして回転量の少ないナックル性ドライブ。シュラガーは場面に応じて回転量や回転方向、打球コースなどを自在に変化させ、相手に的を絞らせないプレーで世界一の座を射止めた。



Last update: 2004.12.23