競技上の注意

55回中部日本卓球選手権大会(平成15)審判長 吉川 和男

 

 平成1491日改定の日本卓球ルールおよび同細則を適用して実施する。ただし、タイムアウト制およびアドバイザーは認めない。競技者はスポーツマンシツプに則り、ルールを尊守し、立派なマナーのもとに正々堂々と競技しなければならない。

1.ボールの選択について          

     本大会はJTTAA公認の「Nittaku」、「TSP」および「タマス」の白ボールを使用する。

     競技者はトス(ジャンケン)でメーカーを決めて、そのメーカーのボールを主審がランダムに選択し、そのボールで試合を行う。 

2.ラケットおよびラバーについて

     ラケットとラバーはJTTAAの公認されたものを使用する。外国製ラケットとラバーでJTTAAのマークのないものを使用する場合には、試合前に審判長の許可を受ける。

     粒高系およびアンチ系のラバーはサーティ以上の年齢別種目では使用できない。

3.「注意」新ルールの適用

     平成15年4月1日よりペンホルダーラケツトの扱いが国際ルールに準拠して、裏が白木のままでの使用が禁止されることが決定している。平成14年9月1日改定の「日本卓球ルール細則」のうち「2.1.3.8」が平成15年4月1日より下記の通りとなる。これは日本卓球ルール(平成14年版)は1.4.6にも準拠している。

「ルール細則2.1.3.8」(改定後)

    「打球に使用しない面はその全面を、打球面が黒ラバーの場合には明るい赤色に、打球面が赤ラバーの場合には黒色に塗るか、あるいはそれらの色に着色されたコルク・紙・フィルムなどの薄いシートで全面を覆うものとする。ただし、これらは色むら・光沢が無く表面が平坦なものでなくてはならない。また、シートにメーカーなどのマークがあってもよいが目立たないものでなくてはならない。」

    −解説−  

     裏が白木のままのラケットでは競技することができない。 

     裏の白木の面を着色する場合は打球面が赤ラバーのときには黒色に、ラバーが黒の時には明るい赤色でなければならない。全てのラケットは打球に使用するか使用しないかに関せず、また、ラバーが貼ってあるかないかに関せず、両面が明るい赤と黒でなくてはならない。

     ラバーの貼ってない面に着色する場合は以下の条件を満たすことが必要である。

1)    着色はグリップを除いて、裏面全体に施すことが原則である。ただし、裏面が半月コルクになっているラケットは、コルク部分は着色せずに木部のみ着色すればよい。

2)    着色の方法はコルク、紙、フィルムなどの着色シートを貼るか、あるいは光沢のない着色料(マジックインキなど)で塗ってもよい。前記の条件をクリーアしていれば、公認されていなくても使用可能である。これについては大会ごとに審判長が判断する。

3)    裏が全面コルクのラケットは白木と同様にグリップを除いて全面着色しなければならない。もちろん、この面では打球できない。

4.服装について  

     競技服装(シャツ、ショーツ、スカート)はJTTAの公認マークの付いたものを着用する。

     ダブルスを組む選手は互いに上下とも同一の服装で出場する。

     対戦者とユニフォームが全く同一の場合、どちらかに着替えていただく。

     「ゼッケン」は(財)日本卓球協会指定のものを付ける。

5. 抗議について

     本大会は全て個人戦なので、抗議は競技者のみがおこなえる。

6. バッドマナーについて

     競技者(助言者も含む)が相手に対して不当な影響を与えたり、ゲームの評判を落とすような行為をしたと主審が判断した場合、警告等が課せられる。場合によっては審判長判断で失格となる。

*大声で叫ぶ。 *相手を威嚇する。 *汚い言葉を使う。  *ボールを故意に潰す。  *ラケットでテーブルを叩く。 *ボールを故意にプレー領域外に放り出す。 *競技役員の指示を無視する。

7.       一般的注意事項

T.本大会は全種目トーナメント方式5ゲームマッチで行う。

U.本大会は敗者審判制で行うので、敗者の方は次の試合の審判をお願いしたい。

ただし、各日の第1試合および準決勝、決勝は主管側の審判員が行う。

V.進行について

       試合はタイムテーブルに従って進むので、自分のコートの進行には充分注意する。

       進行の都合で試合予定のコートや時間を変更することがある。その場合、場内放送に従って指定のコートで試合を行う。 

       前の試合が終了次第、コートに直接入場する。

       本大会はアドバイザーを認めていませんので、選手以外の方は観覧席で応援する。

 W.ラバーの張り替えについて

       ラバーの張り替えは、所定の場所で日本卓球協会が公認した接着剤を使用して行う。本規則に違反した場合には出場資格を失うと共に、他の罰則も課せられる。

8.       サービスルールと促進ルール

       本大会は敗者審判制を採用しているので、判定の基準を統一することが困難である。そこで、各県指導者より、下記の事を含めて出場選手えのご指導をお願い申しあげる。

  * サービスルール

       対戦者と審判員が確認できるフェアーなサービスで試合を行うこと。

       審判員は最初の不正確なサービスに1回は警告をする。

     促進ルール

       双方のカウントが9−9以前に10分を経過した場合促進ルールに入る。  

       9−9以後のカウントでは促進に入らない。

       ストップウオッチは十分に数を用意しますが、主管側の審判員も時間のかかりそうな試合をチェックします。

以上